" />

鍵のことなら【カギ110番】

*

カギ110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7772

フリーダイヤル0800-805-7772

泥棒の手口

【手口の種類】

泥棒はさまざまな手口を使って家の中へ侵入してきます。
・ピッキング
針金のような特殊な道具を使って、鍵穴に差し込みカギを開ける手口。
・サムターン回し
特殊な道具を使って、ドアについている郵便受けやガラスの部分を破壊、もしくはカギのついている付近になどに穴を開け、直接サムターンを回して開ける手口。(サムターンとは、家の中からカギの解錠をするためのひねり金具のこと)
・ガラス破り
ガラスを割って、中に手を入れてカギを開ける手口。
・ドア錠破り
ドアの隙間などに特殊な道具を入れて、ドアのカギを破壊する手口。

泥棒はカギ開けのプロです。カギの技術が発達するとともに、泥棒のカギ開け技術も発達しています。そのため、古いタイプのカギほど解錠は簡単になってきます。泥棒にとって、時間さえあればどんなカギでも開けることができると言っても過言ではありません。しかし、泥棒は解錠するのに5分以上かかると判断するとその家をあきらめるというデータがあります。どんなカギでも開けられるとはいっても、解錠が難しいカギも存在します。そういったさまざまな工夫を施し、解錠しにくい家にする努力をしましょう。

【一戸建ての危険性】

一戸建ての場合、マンションなどに比べると家の中が留守かどうか判断しやすく、窓ガラスが多いため泥棒に入られ易い環境にあります。泥棒は外から死角になっているところをよく狙うので、玄関のドアよりも窓ガラスが狙われるケースが多くなっています。防犯の強化は玄関付近ばかりに注目されがちですが、窓ガラスにもしっかりと防犯対策が必要です。カギの防犯対策に自信のない方は、是非カギ110番にお電話ください!カギに関するトラブル・お悩みはカギ110番までお気軽にご相談ください。

カギに関するお急ぎの事ならカギ110番へご相談下さい!

スタッフ待機中!